就労移行支援 / 就労実績と事例

ホーム > 就労移行支援 / 就労実績と事例

フォレストが目指しているのは、一人でも多くの障害がある人たちに、自信を持っていきいきと働く人生を送ってもらうことです。

それぞれの利用者のペースや特性に合わせ、1~2週間の「職場実習」の現場経験と振り返り繰り返しながら、就職を目指していきます。
フォレストを利用して就職された方の就職先は、従業員4~5名の町工場から、1,000人を超える大企業まで多岐にわたり、業種によって企業側のニーズも多様です。それに応えるため、フォレストのジョブコーチが定期的に職場訪問を行っています。定着状況と同時に生活状況も把握し、必要に応じて生活担当のワーカーと生活・就労支援計画の検討も行っていきます。
職場でトラブルが発生した場合などには、ジョブコーチが一緒に問題解決に当たります。利用者側の状況を理解しつつ、企業サイドに立った視点も持ち、双方に対して支援を行っていくことで、安定雇用を継続することを目指します。
就職はゴールでなく、そこからがスタートです。障害のある方は就職後に短期間で離職してしまうケースが非常に多いのですが、フォレストでは定着支援にこそ力を入れています。ミスマッチを防ぎ、ご本人が自信を持っていきいきと働き続けることができるよう、就労までのバックアップと同様、就労後の職場定着についても、スタッフ全員が連携を取りながら、きめ細やかなサポートを行っています。

就労移行の支援実績

年度 利用定員 就職者数
2008年 7 9
2009年 10 13
2010年 14 15
2011年 14 11
2012年 20 20
2013年 20 17
2014年 20 20
2015年 20 11
2016年 20 12
合計   128

※2016年10月末現在


主な就職先企業(敬称略)



アフターケア

ジョブコーチ支援  ---  ご本人に向けて:職場での職務遂行、コミュニケーション向上などの支援
事業主に向けて:障害特性に配慮した雇用管理、作業指導方法などの助言
定期訪問  ---  職場への定着度合いに応じて訪問(月1回~2・3ヶ月に1回)
相談支援  ---  職場での悩みなどの相談支援
家族支援  ---  職場定着のための生活リズム・健康管理の助言
家族のかかわり方に関する助言
余暇支援  ---  フォレスト利用中から、就職後も継続して
利用できる余暇支援を月1回実施

就労移行支援から「自立訓練☓就労移行支援」を組み合わせた事業移行にあたって


就労事例


  • 株式会社 東日本環境アクセス様

    サポート上ご不明な点はフォレストにすぐにご相談いただくことで、就労者と企業様相互にとってよい関係を築き上げられています。
    詳しくはこちら


  • 株式会社 コシダカ様

    就労者が働きやすく、周囲の方にもご理解いただける環境づくりからスタートされ、働く意欲や積極性も引き出されています。
    詳しくはこちら


  • 社会福祉法人 すこやか福祉会様

    就労者の働く姿勢を評価し、あたたかく見守っていただいています。フォレストスタッフの定期訪問も、安定のカギです。
    詳しくはこちら




  • 株式会社 丸三屋様

    社内CSR活動の企画で実現した初の「知的障害者雇用」。フォレストのアドバイスで就労の課題がひとつずつクリアされています。
    詳しくはこちら


  • 高木工業株式会社様

    就労者の集中力とまじめさが評価されている職場。就労者自身も働くことに大きな充実感を感じています。
    詳しくはこちら


  • 株式会社 モンテローザ様

    就労後にフォレストスタッフが現場を訪れ、実際の状況に合わせてフォロー。信頼関係を築いています。
    詳しくはこちら


採用をお考えの企業様向け お問い合わせはこちら