就労移行支援事業所 フォレストからのお知らせ

ホーム > 就労移行支援事業所 フォレストからのお知らせ > 自分の気持ちを伝えよう

« 2014年7月19日(土...フォレスト通信トップあたらしい未来に触れてき... »

2014年06月23日

自分の気持ちを伝えよう

スタッフの声 / ビジネストレーニング ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
「上手に自分の気持ちを伝えることができました!」
と、今月から就職された方が話してくれました。
仕事で分からないところが出てきて、どう伝えてよいか悩んでしまったけれど
あるプログラムでやったことを思い出して、相手にきちんと伝えることができたそうです。
 
そのプログラムとは「伝え方トレーニング」。
自分の気持ちや考えをきちんと伝えることが難しい場面を思い出して、
ロールプレイで上手な伝え方を学ぶという内容です。
SSTに似ていますが、ちょっと違います。
プログラムの中では、場面設定をして繰り返し練習をしながら、
より効果的に自分の気持ちや意見を伝えるための表現方法を身につけていきます。
利用者の中にも、フォレストで、仕事場で、日常の中で、
うまく伝えられずに悩んだりトラブルになった経験のある方がいました。
言いづらいことも自信を持って伝えてほしい。そんな思いから
伝え方トレーニングが始まりました。     
hajimari.JPG
 
これまで練習した項目を少し紹介します。
自分の思ったこと、伝えなければならないことがある場面は
仕事をしているとたくさん出てきます。
 
そんな就労場面を想定しながら、具体的な事例をもとに、
皆でディスカッションしたり、お互いに評価しあいながら進めていきます。
 
練習をしていると、よくこんな声が出ます。
「実際にやると緊張します」
「うまくできなかった・・」など。
でも、大丈夫です。
1回目が終わったら、もっと上手くできる方法を伝授して2回目の練習に入ります。
rensyu.JPG
最後にそれぞれやってみてどうだったか感想を聞きます。
「○○が難しかったけれど、2回目には上手にできたと思います」
と笑顔で話す方が多くいらっしゃいました。
伝え方が分からずに我慢してしまうこと。
あるいは感情を爆発させて言ってしまうこと。
小さなことも少し勇気がいることも、
上手な伝え方を学んでより良いコミュニケーションが取れるようになってほしいと思いながら、プログラムを進めています。
 
 
(細谷)

« 2014年7月19日(土...フォレスト通信トップあたらしい未来に触れてき... »