就労移行支援事業所 フォレストからのお知らせ

ホーム > 就労移行支援事業所 フォレストからのお知らせ > 2014年4月の月間目標

« 六義園でお花見??...フォレスト通信トップ2014年5月24日(土... »

2014年04月04日

2014年4月の月間目標

スタッフの声 / 利用者の月間目標 ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
「あいさつを目標にしよう。」
100を超える意見やテーマを出し合い、
投票を繰り返した先にたどり着きました。
「4月からは新しい人も入るし、あいさつをしっかりやろう!」
「あいさつを忘れないようにやろう!」
皆でテーマを導き出した達成感と興奮もあって、あいさつ強化に向けた機運が高まります。
 
ビジネスマナーにおいても、基本とされる「あいさつ」なので、
皆も「あいさつって大事だよね」という感覚を持っているようです。
でも、「あいさつ」を目標としたときに、あいさつの何を頑張るか、
どのようなことに気を付けるか…
ここからの細かなニュアンスを詰める作業が、なかなか大変でした。
 
2014-0401-1.JPG
 
まず、あいさつの言葉について。
朝は「おはようございます。」帰るときは「お先に失礼します。」
事務所に入るときや、お客さんが来たときなど、
場面に合わせたあいさつは、日ごろの習慣として身に付いているようです。
この点は大丈夫としました。
「態度はどうだろう?」の問いには、「大きな声がいい!」「相手を見て、おじぎして」といった意見が多く寄せられます。
そして、「笑顔で明るく」「元気よく」といった意見が後に続きました。
 
試しに福井が、≪①元気よく、②明るい笑顔で、③大きな声で≫を意識して、
わかりやすくなるようちょっと大げさにしながら「おはようございます!!」とあいさつしてみました。
皆の反応は、「なんかちょっと違う…」といったものでした。
 
皆の見たものは、『元気はあるんだけど、どこか子どもじみたあいさつ』でした。
「声が大きければいいってもんじゃないね」、「にこにこしていればOKでもないね」とのこと。
「聞いてて不愉快」「なんか嫌だ」「変です」と、福井へのダメ出しが殺到しました…。
気付きそのものはうれしいんですけどね。
 
2014-0401-2.JPG
 
これをうけて、「相手が受け取りやすいあいさつを意識しよう」に方向が変わりました。
声のトーン、身体の向きをはじめとして、社会人としてのさわやかさをどう表現すればいいのか。
完成まで一気に駆け抜けました。
ここまで、午後のプログラム3日分の時間を要しています。
 
そして、最終的に4月の目標は、「相手の聞き取りやすい態度と声であいさつをします」となりました。
その下に、①相手の方に身体と顔を向ける、②いつもより声の音程を高くしてあいさつするといった小項目が揃いました。
 
「あいさつが大事なのは当たり前、社会人として適切なあいさつができるようになるんだ。」
皆の意思が、目標完成時の拍手に表れているようでした。
 
 
(福井)
 

« 六義園でお花見??...フォレスト通信トップ2014年5月24日(土... »