就労移行支援事業所 フォレストからのお知らせ

ホーム > 就労移行支援事業所 フォレストからのお知らせ > 2014年3月の月間目標

« 『福』は来る!!...フォレスト通信トップ『フォレスト内清掃』... »

2014年03月04日

2014年3月の月間目標

スタッフの声 / 利用者の月間目標 ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
毎月の25日あたりから取り組むプログラム「来月の目標設定」。
今月の話し合いは、これまでのものよりもたくさんの意見が飛び交いました。
「ようい!スタート!」の合図とともに、一斉に書き始め、
「カツカツカツカツ…ペタ!」と怒涛の書き込みが展開されます。
季節がら、大学受験の会場かと錯覚しそうになる勢いでした。
 
10分も経たないうちに、全体で100個を超えるふせんで模造紙がいっぱいに!
この後に控える意見の分類が、過酷になるであろうことを予想し、
福井はひとりワナワナとして見守っていました。
IMG_2440.jpg
皆の意見を分類して、少しまとめた結果が下のような形です。
(分類前の状態は、活字の大渋滞で眼にも悪くてお見せできないレベルでした。)
IMG_2455.JPG
緑に着色された20個のテーマから、今月の目標にしたいテーマを絞り込みます。
投票をして、集計をして、不人気のテーマは切り落として…
投票して、集計して、切り落として…
投票して、集計して、切り落として……
たどり着いたテーマは「ルール・マナー」に。
では、どの場面でどのようなマナーを身に付けるのか。テーマを元にして具体化を進めていきます。
 
なにやら、昼休みの過ごし方と、午後のプログラムに参加する姿勢に強い関心がある模様です。
さらに共通項を探っていくと、『場面に応じた声の大きさ』が重要であることに、皆で気づきました。
どの場面でどの程度の声量を出すか。就労移行支援事業所フォレストでの実際の場面を振り返って、議論は続きます。
それは、
「発表のときや返事をするとき、朝の挨拶などは大きな声がいい」
「職員の事務所に入るときは、はっきりとあいさつするが、大きすぎてもだめ」
など詳細にまで及んでいきます。
IMG_2471.JPG
議論の末にたどり着いたスローガン
「発表と返事は声を大きくし、会話の時は控えめにします」
プログラムの中で盛り込まれている発表の場面、昼休みの会話の場面など、
その時々に自分で声量をコントロールすることを目標にしました。
声量を意識し続ける中で、プログラムにおける活発な参加態度や、
昼休みの落ち着いた態度にまで発展していくことを、福井は密かに楽しみにしています。
 
 
(福井)
 
 

« 『福』は来る!!...フォレスト通信トップ『フォレスト内清掃』... »