就労移行支援事業所 フォレストからのお知らせ

ホーム > 就労移行支援事業所 フォレストからのお知らせ > 2014年2月の月間目標

« 国立科学博物館の特別展「...フォレスト通信トップ就労移行支援事業所フォレ... »

2014年02月04日

2014年2月の月間目標

スタッフの声 / 利用者の月間目標 ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
みなさんこんにちは、就労移行支援事業所フォレストの福井です。
今年もよろしくお願いいたします。
 
1月は「返事」を目標に据えて、さまざまな場面で、適切な返事ができるよう取り組んできました。
職員「Eさーん!」→Eさん「はい!」
職員「木のテーブルの周りを掃除機がけしてください」→Yさん「はい、わかりました!」
職員「みなさん、よろしいですか?」→全員「はい!」
といった具合でやりとりをしてきたので、
職員も皆さんの返事に対する意識をすぐに確認することができました。
返事がしっかりしていると、全体的に引き締まっていい感じです!
 
今月もこれまで通りに「来月の目標」というテーマでブレインストーミングをします。
模造紙に自分の意見を書いてペタリ。皆が書くことに集中していることもあって、意見を否定される心配もないので、白い模造紙一面に、緑の付箋が広がっていきます。
IMG_2344.JPG
意見の分類は写真のようにパソコンのソフトを使って見えやすく。
自分たちの声がすぐに画面上に表示される様子を見て、「おぉ~!」といった歓声も。
IMG_2378.JPG
こうしてたどり着いた2月のテーマは「指示を聞いて、指示通りに動く」
働くうえでの大原則で、利用者の皆さんも「当たり前です」と言わんばかりでした。
ただ、指示を聞くうえでも、必要な動作や意識があるようで、意見を交わしながら、どのような所作で指示を聞けばよいのかなどを考えていきました。
 
「呼ばれたらすぐに相手を見て、最後まで話を聞く」
「指示がわからなかったら、素直に、わからなかったので教えてくださいと言う」
「指示が終わったらすぐに指示通りに行動し始める」
体験を交えて発表してくれています。
すぐに振り向くの「すぐに」については、「F1のレースで車が通り過ぎる時の首ふりの速度で」という尺度が採用されかけました…(汗)
 
「指示を最後まで聞いて、指示通りにすぐに動きます」これが2月のスローガンに決まりました。これが決まったあたりから、話を聞く態度が大きく変わり、全員が真剣な目つきに!1月の雰囲気からのさらなるステップアップが期待できました。
今から2月末の変化が待ち遠しいです。               
 
(福井)

« 国立科学博物館の特別展「...フォレスト通信トップ就労移行支援事業所フォレ... »