就労移行支援事業所 フォレストからのお知らせ

ホーム > 就労移行支援事業所 フォレストからのお知らせ > 体験利用を紹介します

« 2014年1月25日(土...フォレスト通信トップ♬ひとあし先に、クリスマ... »

2013年12月18日

体験利用を紹介します

スタッフの声 / ビジネストレーニング ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
今年もたくさん体験利用の方が来ました。
 
今年もあと1か月かと思っていたら、
あっという間に半月が過ぎようとしています。
この時期の月日は驚くほど早く流れますね。
となりの公園もすっかり冬バージョンになってしまいました。
 
IMG_2073.JPG
ちょっと振り返ると、今年も見学や体験利用の方が、
たくさん来訪されたなぁといった感じです。
振り返ったついでに、
今回の記事では、体験利用でどのようなことをしているのかについて、
ちょっとだけ触れてみようと思います。
 
就労移行支援事業所フォレストの体験利用は、
求職中の方や、学校の生徒さんなどが見学を経て、参加されます。
基本的には、フォレストを利用されている方々と同じ活動です。
フォレスト流の朝礼に参加してもらい、学習の時間があとに続きます。
午後は、ビジネスマナーなどの講座があり、毎週木曜のお習字の時間には、
外部講師の指導も受けることだってできます。
 
ただ一点、プラグタップ作業の時間については、
利用者さんたちと違う作業をしてもらっています。
それがこちら
IMG_2077.JPG
 
その名も「タオルたたみ」です。
「ただタオルを、たたんでいるだけじゃないか」と思われるかもしれません。
一見すると、手順も留意点もいたって普通…。
 
しかし、実習最終日に振り返りを行うと、
「自分もここまでできた!」とか
「ここが上手にできた!」など、
短い期間でも自信が芽生えてくる方がたくさんいらっしゃいます。
他の活動の影響も大きいのですが、タ
オルたたみを一つの成果として、うれしそうな表情で話してくれます。
 
普段の活動とは違う体験をしたい、
学校の実習の一環、実際に利用するまでの過程として、
などなど、体験利用を申し込まれる動機は様々。
それでも、実習最終日には、
「自分もやればできるんだ」という気持ちを、
お土産として持って帰ってもらえるように、
これから体験利用される方にも関わっていけたらと思っています。
 
(福井)

« 2014年1月25日(土...フォレスト通信トップ♬ひとあし先に、クリスマ... »