就労移行支援事業所 フォレストからのお知らせ

ホーム > 就労移行支援事業所 フォレストからのお知らせ > 就職して2週間がたちました

« 横浜中華街に行ってきまし...フォレスト通信トップ6月の目標が決まりました... »

2013年05月28日

就職して2週間がたちました

スタッフの声 / 就労サポート ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、5月10日から事務補助として働いている
Aさんへの就労支援の様子をお伝えします。

 以前のブログ記事でも紹介しましたが、
実習が始まるまでに数字入力の
訓練を行い、努力の甲斐もあって無事、
就職へとつながりました。

主な仕事内容は、PC入力・資料の封入封緘・資料の整理などです。

ワイシャツに黒ズボンのビジネススタイルに身を包み、
集中して作業を行っているAさんですが、長時間机に向かうのも
けっこう疲れがたまるものです。 
ふと見ると険しい表情に・・
「こまめに水分を摂っていいですよ」
と職場の方に声をかけていただくと、表情も和らぎます。
「これはどうしますか?」
「~が終わりました」
 積極的に報告・相談をして、自らも職場の方とのコミュニケーションを
とることができています。

実習中は少々声のトーンが大きい時がありましたが、今は自分で気づき
修正することができるようになりました。

そんなAさんは、就労移行支援事業所フォレストで行っていたセルフチェックシートの取り組みを
現在も続けています。

 課題は、家庭での生活リズムを安定させること。
これによって、遅刻や居眠りを防止することが目的です。
ご家族の協力もあって、現在ではこのような状態は全く見られなくなりました。
就職してからは今のところ、週末フォレストに来てもらい、
セルフチェックシートの振り返りをしながら、
その週の仕事内容や感想なども含めて職員と話をしています。
 「慣れてきました」
「ミスしたけど、最後にチェックをして気づくことができました」

いつも元気に報告をしてきます。

Aさんにセルフチェックシートを記入してもらうようになって、
そろそろ半年。
安定した毎日の積み重ねから、
Aさん自身、以前よりも生活、仕事に自信を持てるようになってきているようです。
これからもこの状態を継続させていくことで、
さらに大きな自信に結び付けていってほしいと願っています。


(細谷)

« 横浜中華街に行ってきまし...フォレスト通信トップ6月の目標が決まりました... »