就労移行支援事業所 フォレストからのお知らせ

ホーム > 就労移行支援事業所 フォレストからのお知らせ > 5月の目標を皆で決めました

« 就職に向けてのPC訓練>...フォレスト通信トップ文字トレーニングの成果!... »

2013年05月01日

5月の目標を皆で決めました

スタッフの声 / ビジネストレーニング ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは福井です。
月末なので目標設定です!


今回は、「静かに集中して作業に取り組む」というテーマに、支持が集まりました。
作業中や休み時間の騒がしさが気になっているようで、
みんなで意識する必要があると感じていたようです。

しかし、この「静かに集中する」という項目は、
具体的にイメージしやすいようで、なかなか難しいテーマです。
というのも、
「集中して仕事に取り組もう」
「仕事中は静かにしよう」

といった目標をよく耳にしますが、就労移行支援事業所フォレストの皆さんに過去を振り返ってもらうと、
「結局おしゃべりしちゃう人がいるんだよね」
「職員でもないのに指摘する人がいるんだよ」など
標語は覚えていても、結局騒がしいままのようです。

なぜ静かに過ごせず、うるさくなってしまうのか?
うるさくなるきっかけや場面がどのようなものなのか、話し合いを重ねました。
すると、「一人がふざけているところに、周りの人が『のっかる』からうるさくなる」
「私語をしている人に、他のメンバーが注意をしていくうちに、
おしゃべりの輪が広がる」
との意見が出始めます。
この『のっかる』という行為が焦点となりました。
(のっかる=相づちを打ったり、一緒になってふざけるなど、追随する行為のようです)

ついつい気になってしまう他人の行動、言動に対して、『のっからず』に何をするか?
ここで出たのが、「自分の手元を見続ける」という行動でした。

そして、今回はどの場面で意識するかにこだわり、次のような目標になりました。

「作業中、周りを気にせず手元を見続ける」
1、物音がしても手元を見続けます
2、話し声がしても手元を見続けます
3、困ったときは、手をあげて職員に気づいてもらいます
4、変なことをしている人がいても、手元を見続けます
5、休み時間は、ふざけている人から離れます

作業中、雑音や私語があるときにこそ、
『のっからず』に『手元を見続ける』
ことができるようになるよう願っています。
5月が終わるころには、全体がシャキッと引き締まり、
より集中力を高めて作業に取り組むことができるようになっていることでしょう。

(福井) 

« 就職に向けてのPC訓練>...フォレスト通信トップ文字トレーニングの成果!... »