就労移行支援事業所 フォレストからのお知らせ

ホーム > 就労移行支援事業所 フォレストからのお知らせ > Rさんの通勤寮体験記

« Yさん、2週間の職場実習...フォレスト通信トッププログラムをちょっとだけ... »

2012年10月26日

Rさんの通勤寮体験記

スタッフの声 / ベーシックプログラム ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月15日から7日間。葛飾通勤寮にて、体験利用を行いました。
今回の体験利用の目的は、自力で身の回りのことをこなすこと、
実家を離れたところで生活をしてみることが狙いです。
まず、体験利用に向けての、金銭管理トレーニングをしました。

1、コンビニまでの道のりをわかりやすい目印とともに覚え、(なぜか毎回叩く)

2、コンビニでお昼ご飯を選びます(毎日決まってパスタとおにぎりです)

3、レジでお金を支払い(「あと100円だね」と言われています。)

4、食後には残金を計算します

はじめのうちは、1000円札を出して、おつりをもらうだけでしたが、今では、店員さんに
助けてもらいつつも、小銭を使って支払うことができるようになりました。

さて、本題の体験入寮ですが、
ご家庭で事前に練習された日ごろの成果が発揮され、洗濯はバッチリ!
入浴、着替え、居室清掃等もスムーズに行うことができていました。

まずは、通勤寮に戻ったらテレビを見て

6時になったら見たいテレビに誘惑されつつも入浴します。
Rさんは、通勤寮のお風呂を見て、
「温泉かなこれ!?」と広いお風呂に感動!
「あっちぃなぁ」「うわっ!つめてぇ!」とシャワーの温度に苦労しながらも、
全身スムーズに洗っていました。

そして、通勤寮の利用者とともに夕食。
偶然にも同級生と再会できたことと、持ち前のおおらかさも手伝って、
あっというまにみなさんとフレンドリーになることができていました。

はみがき、洗濯も迷いなく行います。特に、洗濯ものを干すRさんは、
普段は見せない精悍な表情をしていました。(お見せできないのが残念なほどのイケメンぶり)

実家が恋しくなるのではとの予想に反して、Rさんは意欲的に1週間を楽しまれていました。
らなる自立心の成長を目指して、来月には1か月間の体験利用に挑戦する予定です。

(福井)  

« Yさん、2週間の職場実習...フォレスト通信トッププログラムをちょっとだけ... »