就労移行支援事業所 フォレストからのお知らせ

ホーム > 就労移行支援事業所 フォレストからのお知らせ > はじめまして、細谷です‼

« パソコンを寄附していただ...フォレスト通信トップ会社見学に行ってきました... »

2012年10月04日

はじめまして、細谷です‼

スタッフの声 ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめまして、6月から就労移行支援事業所フォレストで働いている
新人職員の細谷と申します
先日、私はNPO法人みんふすさんの運営する
障がい者のグループホームに2週間の実習に行ってきました。
今回は、その様子をお伝えします。

ずばり、私が感じたことはまるでほんとうの家族の様だ、ということです。

グループホームって何だろう? 一体何をするのだろう?
恥ずかしながらなんとなくしか知らず…
まずはそこから教えていただきました。

グループホームとは、障害を持つ方が「世話人等」の支援を受けながら、
地域のマンションや一戸建て等で生活する居住の場です
実習に行ったグループホームでは、
数か所ある住居ごとに1~3人の方が住んでいました。

さて、私が関わらせていただいた内容は…
日常で必要な物の購入・掃除・洗濯などの居室整備
入浴の手伝い
夕御飯を一緒に食べる
そして、話をする
といったことです。

日常会話程度のやりとりでしたが、表情や声のトーンで元気だな~とか、
何かあったのかな…と感じて、気づいたことがあれば職員の方に報告をして
解決していただきました。

普通の暮らしの中で起きるさまざまなこと
その中で心配したり・注意したり・褒めたり・一緒に笑ったり
入居者と職員の信頼関係がそこにはありました。 

「小さなことが決められるようになると、大きな決断もできる」
これは、入居者の方の意志をひとつひとつ確認しながら話を進め、
解決する手伝いをしている職員の方に教えていただいた、特に心に
残った言葉です。

職員の皆様、お世話になりました。
入居者の皆様、お邪魔いたしました。

みんふすさんで学んだことを、
これから就労移行支援事業所フォレストでの就労支援に生かしていきたいと思います。

(細谷)

 

  

« パソコンを寄附していただ...フォレスト通信トップ会社見学に行ってきました... »